ラドンルームとは

日本では、昔から多くの方々に親しまれてきた民間療法の一つとして”湯治”があります。農繁期が終わると、時間をかけて、ゆっくりと温泉につかり、ゆっくりと食事を楽しみながら、健康を願い、病気を防いできました。その中でも特別な働きがみられるラドン温泉は、今でも人気が高く、多くの方々がより美しく、より健康を願い、温泉療法に訪れています。


海外では、有名なローマ帝国時代のテルマエ・ロマエやバルネアなど、都市には必ず最低1つは存在していましたが、多くは特権階級の方の利用でした。18世紀ヨーロッパにおいては王侯貴族のための最高級の温泉療養地などが点在し、美と健康、さらには長寿を願い、今でも愛用されています。現代のヨーロッパ温泉施設には宮殿の趣を残した場所が多いのもうなずけます。ラドンに関していえばオーストリア共和国やチェコ共和国などに療養施設としても存在し、セレブ達がおしのびでやってくる保養地が有名です。

日本人のラドン温泉の楽しみ方の9割は湯船に浸かることですが、ヨーロッパでは、ラドンの坑道浴、スパなど半分以上が医療用として、さらには温泉水を飲んでデトックスすることにも意味があるようです。細胞の刺激の記憶は48時間と言われ、日本のラドンで有名な三朝温泉、玉川温泉、増富温泉などの温泉地に長期滞在をしながら身体を癒し温泉水を飲み続けるという利用が一般的なようです。

 様々な癒しの空間、近くにあれば通いたい!と思う方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。


湯船につかるのではなく、ラドンの働きを求め温度38度、湿度60%程の心地よい空間で 短時間で効率よく、しっかりとラドンを体内に取り入れることができるラドンルームがここ苦楽園に完成いたしました。 ぜひご自分にも栄養と刺激のご褒美を!

リフレッシュやストレス発散・美容にも良いといわれている天然鉱石のパワー。その、Terra=地球のエネルギーをラドンルームで体感してみませんか?

(また、Terraではご自宅でもお使いいただけるラドン水セットのご注文も承っています)

翌朝すっきり腸美人コース
©2017 Terra. All Rights Reserved.